口周りや顎にできる痛いニキビの原因は?

2017/03/23

ニキビには色々な種類がありますが、こちらでは口周りや顎にできる痛いニキビの原因は何なのか紹介したいと思います。
原因から知って、きちんと対策をするようにしましょう。

「Uゾーン」と呼ばれるフェイスラインや口周りには、皮脂を分泌するための皮脂腺が非常に多く存在しています。
小さい面積の中に毛穴が密集しているためニキビができやすい箇所なのです。

また肘をついた時に手が触れたり、髪の毛がかかったりなど外的刺激も多い場所です。
さらに男性の場合は髭剃りによってダメージを受けやすい場所でもあります。

皮脂の分泌が多いところに外的刺激が加わると肌細胞がダメージによって傷つきやすくなります。
また手や髪の毛、髭剃りのシェーバー・カミソリ刃などから雑菌が付着し炎症を起こしやすくなってしまうのです。

なお、ピリピリした痛みと共に水ぶくれを持った腫れが多発した場合は、ニキビではなく「口唇ヘルペス」の可能性がありますので皮膚科を受診しましょう。

ホルモンバランスが乱れると肌のターンオーバーの周期が乱れてしまいます。
ターンオーバー機能が上手く働かないことにより、古い角質が表面に残り厚い層になってしまいます。

そのため皮脂がうまく排出されず毛穴に溜まってしまいニキビの原因となってしまうのです。

オールインワンゲルは朝も使えるの?

2017/02/23

とても便利で保湿力もあるオールインワンゲルですが、朝も本当に使うことができるのでしょうか?
こちらではオールインワンゲルは朝も使えるのかどうか紹介したいと思います。
オールインワンゲルを朝使う時のポイントを紹介します。

使用量を調節する

朝からしっかりとした保湿ケアを行う事はとても大切です。

肌は日中も紫外線などの刺激や、屋内の空調などで疲れています。
朝の保湿をしっかりとすることで、肌は元気になりバリア機能も正常に働くようになるのです。しかし、現実的に朝からクリームや美容液・マスクでお手入れするのは難しいですね。
でも、オールインワンゲルなら簡単にこれらの効果も得られるので、ツヤ肌先生さくらは、朝こそオールインワンゲルを使用した方が良いと思っています。

ただ、朝は少しさっぱりした使用感をお好みの方も多いですね。

そんな時には、オールインワンゲルの使用量を夜よりも少し少なめにしてみてください。
これだけで、朝使用のオールインワンゲルになります。
オールインワンゲルの良いところは、使用量で使用感を変える事ができることですね。

メイク時はこすらずに

界面活性剤を使用していない肌に優しいオールインワンゲルの中には、ゲルを付けた後に力を入れて擦ると、ボロボロしたものが出てくるものもあります。

この場合は、オールインワンゲルが乾かないうちに化粧下地を肌に伸ばしてみてください。
この時、決して擦ってはいけません。
肌に負担をかけないためにも、優しくメイクをしてあげて下さい。この方法でメイクをすると、しっとりとした下地が出来上がり、仕上がりもキレイになりますよ。

オールインワンゲルには、パウダーファンデーションよりも、リキッドファンデーションやクリームファンデーションの方が馴染みが良いです。
パウダータイプはどうしても肌を乾燥させやすいので、おしろい代わりに最後に使うくらいが、肌の保湿を保つには良いですね。

脱毛の効果を高める毛の周期

2017/02/11

脱毛をしようと思っている方はきっと多いと思いますが、脱毛を受けるにあたって本当に効果がある毛周期って一体どういった感じなのでしょうか?
こちらでは脱毛の効果を高める毛の周期について紹介したいと思います。

ツルツルのお肌になるためには、レーザーやフラッシュを繰りかえし行うことが大切です。
1回や2回で脱毛処理を止めてしまっては、また毛が生えてきてしまいます。
個人によって回数や期間には差がありますが、目安としては、2~3か月おきに10回以上行うと良いでしょう。1年半~2年くらいでしっかりとした効果を感じます。

ただし、10回以上行っても、数年たつとポツポツと毛が生えてくることがあります。
これは休止期だった毛穴から毛が生えてきたということです。
ツルツルのお肌を保ちたいのであれば、1年に1~2回はレーザーやフラッシュの脱毛を続けると良いですよ。

早く脱毛を完了したいからといって、短期間で何度もレーザー照射するのはダメです。
毛周期のことを踏まえれば、効果がないことがわかりますね。
また、肌を痛めてしまうので絶対に止めましょうね。

毛周期に合わせて脱毛していくので、ある程度の期間は必要ですが、ある程度の回数続けると、だんだんと毛が薄くなり肌が綺麗になってきます。

飲む日焼け止めの副作用

2017/01/16

最近では塗る日焼け止めよりも飲む日焼け止めの方が良いとされています。
私の周りでも飲む日焼け止めを使っている人が多いのですが、副作用も気になりますよね。
こちらでその真偽について紹介したいと思います。

この「飲む日焼け止め」サプリの日本での広告には天然成分だから安心的なことが書かれています。
シダから抽出したものが主成分ですから確かに天然成分です。
でも、成分の最後のほうに二酸化チタンって書かれています。
二酸化チタンって岩石に含まれていますから「天然成分」であることに間違いはありませんけど、多くの塗る日焼け止めにも紫外線を吸収するために使用されています。

なんで、この二酸化チタンを飲むサプリに使用しているのかハッキリした理由がないためと、体重1キロあたり7.5ミリグラムで有効とされていますが、スタッフが45キロとしたら337.5ミリグラムがこの錠剤に含まれているか不明です。

塗る日焼け止めで十分効果がありますので、なにも飲まなくてもいいんじゃないの?目から入った紫外線が勝手にシミをつくるという話もありますので、サングラスもお忘れなく!

やはり、飲む日焼け止めよりも塗る日焼け止めの方がなんとなく安心ですよね。

小顔矯正級リフトアップ術

2016/12/14

やはり小顔になりたいと思っている方は多いでしょう。
特に年齢が進むとどうしても肌がたるんでしまったりして、どうしても顔が大きく見えてしまうことも。
そこで、こちらでは小顔矯正級のリフトアップ術を紹介します。

実は、炭酸美容は「いかに高濃度の炭酸をお肌に届けるか」が最も重要なんです。
炭酸濃度が高いと肌に浸透する量が増え、炭酸や美容成分の持続力が高まります!
また、混じりけのない炭酸のみを配合したほうが、本来の効果を発揮するのだとか。
そんな炭酸エステや、炭酸ミスト機械のような本格的な炭酸美容が自宅でお手軽にできる炭酸ミストがあったら嬉しいですよね。

そこでおすすめしたいのが、高濃度の炭酸がつまったミストタイプの「iN-BE+vカーボミスト」です。
このミスト、10,000ppm以上の高濃度の炭酸が、お肌の角質層までじっくり浸透する優れものなんです。

実は、炭酸にはボーア効果という特有の作用があります。二酸化炭素がお肌に浸透すると、肌は酸欠状態になったという錯覚を起こし、大量の酸素を送り込みます。
結果、血管が拡張されて、血のめぐりが活発になるんです。
たるみ、くすみなどの年齢肌や、ニキビや毛穴の開きなどの肌トラブルを抱えた方に大人気な理由は、お肌の滞りをケアするこのボーア効果にあったんですね。